未分類

【30秒でOK】サラリーマンの革靴の手入れの方法【超簡易版】

shoeshine-72477_640

革靴についてこんな悩みを持ってませんか?

  • なんか革靴ってメンテナンスしたほうがいいらしいけど具体的には何すればいいの?
  • でもどうせクリームで磨いたりしてメッチャめんどうなんでしょ?
  • 簡単だけど効果のあるメンテナンスの方法を知りたい!

この記事を読めば、30秒でできる費用対効果の高いメンテナンスの方法が分かります。また、一歩進んだメンテナンスで革靴を長持ちさせる事ができるようになります。

そして、これは一般的な話なのですが、しっかりとメンテナンスされた靴を履くと毎日気持ちよく仕事できるし、職場でのあなたの印象が向上します。

 

ちなみに、この記事を書いている筆者はサラリーマン6年目。革靴が好きでこれまで色々と試行錯誤をしてきました。

最近では靴磨きに疲れたので、なるべく簡単なメンテナンス方法にシフトしています。ミニマリスト的な思考の持ち主です。

正直なところ多くの本に書かれているようにちゃんと靴磨きしようとするとかなり面倒ですからね、、、あんな面倒な方法は革靴大好きで時間のある人だけがやればいいんです。

そんな僕の経験がアナタの役に立てば嬉しいです。

 

それではいってみましょう!

記事の内容

  1. 【30秒でOK】サラリーマンの革靴の手入れの方法
  2. 革靴をより長持ちさせるための簡単な方法

【30秒でOK】サラリーマンの革靴の手入れの方法

johannes-w-249542-unsplash

結論から言うと、普段の手入れは30秒でOKです。

30秒ブラッシングするだけでちょっとした汚れは落ちるし、皮革の光沢が蘇るからです。

馬毛ブラシを用意

[コロニル] 馬毛ブラシ 17cmx5.4cmx4.5cm CN044042 Brown F

用意するブラシは馬毛ブラシが最適です。

多くの靴磨きのプロがそう言っているからです。

補足すると、馬毛ブラシは適度なコシと硬さのある細い毛のブラシです。ブラシの毛が靴のシワにも上手に入り込んで汚れを掻き出すことができます。また、適度な硬さがあるためツヤ出しにも最適です。

時短のためにはある程度大きさのあるブラシがいいでしょう。一度に広い面積をブラッシングできれば時短に繋がります。

Amazonでも高評価なコロニルの馬毛ブラシがスタンダードで使いやすいです。

30秒のブラッシング

手入れの方法は片足30秒ずつブラッシングするだけです。両足やっても1分で完了です。

これだけで1日分の使用感はしっかりリセットすることができます。

ブラッシングの目的は皮革表面の汚れ落としと、ツヤ出しです。

全体をブラッシングするだけなんですが、コツとしては、奥まった部分をブラッシングし忘れないことですね。

靴紐周辺、アッパーと靴底の間、ステッチ周辺など、汚れの溜まりやすい部分をしっかりブラッシングします。

2.革靴をより長持ちさせるための簡単な方法

portulaca-oleracea-l-2464672_640

ここまで読んで、革靴のメンテナンスって意外とカンタンじゃん!と思っていただけたと思います。

しかし、革靴を長持ちさせるためには実はブラッシングだけでは足りません。

  1. シューツリーを入れる
  2. 月に一度クリームで磨く

これらを追加で行うことで靴の寿命が3倍長持ちします。つまり得します。

それぞれ詳しく解説していきますね。

1.シューツリーを入れる

glossychoe(グロッシーシュ) 木製シューキーパー レッドシダー メンズ シューツリー アロマティック (Aタイプ:38/39 (約24cm~25cm))

シューツリーを使うと靴の寿命が伸びます。

シューツリーの使い方と効果

シューツリーの使い方は簡単です。

革靴の中に押し込むだけだからです。5秒もあればできてしまいます。カンタンですね。

仕事から帰ってきたらブラッシングをする前にシューツリーを入れるようにします。

 

なぜシューツリーを入れるかというと、3つの大きな効果があるからです。

  1. ソリやシワの防止
  2. ブラッシングの効果が増す
  3. 吸湿、脱臭

シューツリーを入れるとソリやシワを伸ばすことができます。ソリやシワは放置しておくと悪化していきます。シワが深くなるとそこから革が破けてしまうことも。

そしてシワを伸ばすことでブラッシングの効果が増します。ブラシがシワの奥まで届きやすくなるからです。

またシューツリーを入れると吸湿、脱臭の効果があります。シューツリーの木が靴の中の湿度を調整し、また木の香りで悪臭を防ぐのです。

革靴を長く愛用するためにもシューツリーは必ず入れます。押し込むだけだからカンタンですね。

筆者愛用の高コスパなシューツリー

シューツリーは2,000円程度の安いものでOKです。

シューツリーの構造は単純なため、高級品との差があまりないからですね。

例えば筆者はAmazonで購入できる安いものを使っています。

選択の理由

  • 安い
  • つま先が割れた構造 → 靴にしっかりフィットする
  • 木材にレッドシダーを使用 → 脱臭効果が高い

デパートで売っている1万円以上のものと大差ありません。

まだ持っていないあなた、革靴の数だけ必ず用意しておきましょう。

2.月に一度クリームで磨く

[エム・モゥブレィ プレステージ] 皮革用汚れ落とし・栄養・ツヤ出し クリームエッセンシャル 2121 ニュートラル Free

月に一度は靴クリームで磨くようにすると靴の寿命が伸びます。

靴クリームの効果

靴クリームには以下の2つの効果があります。

  1. 皮革の栄養補給
  2. ツヤ出し

靴クリームによって皮革の栄養補給ができます。

皮革の栄養とは油分のこと。油分が抜けて乾燥した皮革はパサパサになって割れやすくなってしまいます。油分を定期的に補給することで割れを防ぎ、靴の寿命が伸びるってわけですね。

また靴クリームによって靴にツヤも出ます。

筆者愛用の多機能クリーム

じゃあどんなクリームを使えばいいの?って話ですが、結論から言うと、多機能クリームがオススです。

多機能クリームは前述の「皮革の栄養補給」「ツヤ出し」に加えて「汚れ落とし」の機能もあるものです。リンスインシャンプー的なイメージですね。

栄養補給と汚れ落としを同時にできるのでとっても楽チン。めんどくさがり屋な人のためのクリームです。

具体的には、筆者はM.モウブレイのクリームエッセンシャルを使っています。

選択の理由

  • 入手性が良い → Amazonで購入可能
  • 安心の大手M.モウブレイ製品
  • ガラスレザーにも使用できる

一品あればあらゆる革製品に使用できます。クリームの伸びもよく非常に使いやすいです。

クリームエッセンシャルの使い方

クリームエッセンシャルの使い方は簡単です。①塗布した後に②乾拭きするだけです。

まず、クリームエッセンシャルを適当な布(キッチンペーパーとかでも)に出してなじませます。

写真 2019-05-18 9 17 14

写真 2019-05-18 9 17 35

次にクリームを靴に塗布していきます。

写真 2019-05-18 9 18 29

最後にきれいな布で余分なクリームを拭き取りながら磨き上げます。

磨き上げた結果がこちら!

写真 2019-05-18 9 21 36

光沢感が復活したと同時に汚れが落ちていることが分かります。

5分もかからないので超簡単です。たったこれだけで革靴の寿命が伸びます。

まとめ

  • 普段の手入れは30秒のブラッシングでOK!
  • シューツリーとクリームで3倍長持ち

以上、革靴の最も簡単な手入れの方法をまとめました。これ以上の簡単な方法はありません。 100均のシューケア用品を試したりもしましたが、イマイチでしたね。

ブラシとシューツリーとクリームを今すぐ購入しましょう!とは言いませんが、毎日キレイな靴を履くことは大きなメリットがあります。是非試してみてはいかがでしょうか?

[コロニル] 馬毛ブラシ 17cmx5.4cmx4.5cm CN044042 Brown F
Collonil(コロニル)
売り上げランキング: 258